身近になった乳がん









最近ご自分の肉親やお友達、また知人などの方が乳癌で手術をしたという話を耳にすることが多くなったと感じておられる方が増えていると思います。

終戦後の頃までは日本では乳癌は癌の中でも罹患者の少ないものでした。しかし、戦後の生活の欧米化と共に乳癌は日本でも増加の一途をたどるようになりました。そして2000年を越えた頃には乳癌が女性の癌のトップになるだろうとされていた予測を上回り、20世紀のうちに女性の癌の1位 となってしまいました(年齢調整罹患率)。現在年間約3万人の患者が出、約8千人の方が死亡しています。この増加傾向はまだ続くと考えられています。

そして日本の乳癌の特徴は欧米のように「閉経後女性に多く」、「年齢が上昇するにつれて死亡率が高くなる」のとは異なり、「40歳代に罹患率のピーク」があり「50歳代に死亡率のピーク」がある点です。
以前は「癌」のことなど考えなかった年代の20歳代、30歳代の女性の乳癌もめずらしいものではなくなっています。こうした状況を反映して、乳癌が他人事ではなくなってきたものと思われます。

しかしながら、乳癌は内臓の癌とは異なり、自分で発見可能な癌ですし、早期に発見し治療すれば治る癌であることを皆さんにはしっかりと認識して頂きたいと思います 。