主な乳腺疾患をご紹介します。

■ 主な乳腺疾患

乳房をさわっているうちに、妙なしこりや分泌物に気付く・・・。大半の人が驚き、乳がんを疑うでしょう。しかし、実際には大部分は良性疾患なのです。もっとも、40歳を過ぎると乳がんの確率がだんだん高くなりますので、高齢者は迷わず病院へ行くように心がけることです。

それをはっきりさせるのは、もちろん医師なのですが、自分ひとりでむやみに不安がることはありません。ここでは、良性とよばれるいくつかの疾患について説明しておきましょう。




乳腺症

真の腫瘍ではなく、乳腺のある部分に結節をつくるものの総称で、卵巣から出るホルモンのアンバランスを反映した乳腺の変化した状態です。乳管が拡張したり、液体を入れた嚢胞を作ったり、しこりの様に乳腺がごつごつと触れる場合など多彩な像を呈します。ほとんどの場合治療を要しません。35歳から50歳までに多く見られ、月経前になるとしこりが張ったり、痛んだりします。中には悪性のものと判断しにくいものもあります。

乳腺症がある場合は、定期的な検査が必要です。閉経するとそのほとんどが、自然に姿を消します。


線維腺腫

15歳から30歳の若い女性に多く見られる良性の腫瘍です。痛みはなく、クルリとした丸みをもち、よく動き、ゴムのような硬さをもちます。診断をはっきりさせるには、生検が一番確実ですし、25歳以上の人では用心の為にしこりを切除するほうがよいでしょう。入院は必要ありません。


乳腺炎

授乳中の女性に多い炎症です。痛みがあり、赤みを帯びた熱をもつしこりができ、腫れ上がります。原因としては、授乳期に乳頭から細菌が侵入し、炎症を起こす場合がほとんどです。このような急性の症状を示さない慢性乳腺炎は乳がんとの区別 が難しいものです。


乳管内乳頭腫

乳管の細胞がいぼのように増殖する疾患です。主に35歳から50歳の女性に多く発生し、症状としては、乳頭から血性分泌液が見られます。血性乳頭分泌の大部分は乳管内乳頭腫に起因します。この場合は、乳頭腫のある乳管を手術で取り除けば問題はありません。


乳管拡張症

閉経が近付いた女性に多く見られます。乳頭や乳輪直下の乳管が拡張し、細胞片や脂肪がたまります。その為、乳頭から濃く粘着性のある分泌物があり、下着を汚します。感染があると痛みも伴います。治療は乳頭腫と同じく、拡張した乳管を除去します。


モンドル病

中年の女性、また男性にも見られる病気です。直径2〜3mm、長さ数cm位の索状のしこりができ、痛みを伴うことがあります。診断は比較的簡単です。原因は胸部の静脈炎であり、放置しておいても自然に治ります。